VIVEトラッカーの製品画像
VIVEトラッカーが日本でも販売開始となった

頭にかぶると仮想現実(VR)に没入できるゴーグル「VIVE」は日本でも人気。周辺機器の1つで、基底現実にあるモノをVRに取り込める「VIVEトラッカー」の国内販売も始まった。3月時点ではVIVEを生かしたアプリケーションなどを作ろうと考えている開発者が購入できる。

身の周りの品に取り付けてから、VIVE本体と無線で接続すれば、それらをモーショントラッキング(動きを追跡)しながらVRへと取り込める。

例えば野球のバットに取り付けてスイングすれば、VRの中でもバットを振って、巨大な球場から飛び出すようなホームランを決める、といったことが可能。

バットにとりつけたようす
例えばバット

テニスラケットやゴルフクラブに装着し、架空の試合に参加するといった遊び方もできる。

テニスラケットにとりつけたようす
テニスラケット

ゴルフクラブにとりつけたようす
ゴルフクラブ

またカメラと組み合わせれば複合現実(MR)動画の撮影にも利用できる。独自の電源を搭載し、フル充電から約6時間連続利用できる。

さまざまな機器への取り付け例
多種多様な機器に取り付けて使える

ただし、開発元のHTCによると、実際に使う際は周囲にある「あらゆるもの」を片付けたうえで、なお障害になりそうなものが残っていないか、他の人がいないかを必ず確認する必要がある。

希望小売価格は1万2,500円(税込、以下同じ)だが別途VIVE本体が必要で、そちらは9万9,800円。

VIVE本体のイメージ
別途VIVE本体が必要

なお、VIVEトラッカーは2017年の後半から一般の人も購入できる見込みだ。