特別仕様のアウトドア向けスマートウォッチ「WSD-F30SC」

サファイアガラスの風防を備えたアウトドア向けスマートウォッチの特別仕様モデル「WSD-F30SC」をカシオ計算機が6月より世界限定1,000個で発売する。

メタル素材をインサートしたウレタンとファインレジンを組み合わせた「フィールドコンポジットバンド」を採用。上品な質感と耐久性、着性を兼ね備え、アウトドアから日常使いまで幅広いシーンで着用できるとのこと。

風防には傷がつきにくいサファイアガラスで、防汚コーティングを施して、高い視認性を持たせた。ベゼルには落ち着きのあるブラックとブルーを組み合わせ、内側にナノ加工を施して洗練された雰囲気をあらわしている。ボタンやビスには耐摩耗性に優れたIP処理を施し、カラーリングはローズゴールドとして華やかさを演出しているという。

ベースモデルとなった「WSD-F30」の特徴を引き継ぎ、小型、薄型ながらオフラインのカラー地図とGPS機能を長時間使える「エクステンドモード」を搭載。1回の充電で最大3日間のアクティビティで利用できる。カラー画面には有機ELを採用し、地図や情報を精細に表示するほか、モノクロ画面では気圧、高度、方位の一括表示ができ、必要な情報をすぐに確認できる。希望小売価格は10万円(税別)。