全天球カメラ「RICOH THETA Z1」

ワンショットで周囲360度の写真や動画を撮影できる全天球カメラ「RICOH THETA Z1」が3月下旬から発売となる。約2300万画素相当(6,720×3,360ピクセル)の写真が残せるシリーズ最上位機種。

1.0型の裏面照射型CMOSイメージセンサーを搭載。新たに絞り優先など多彩な撮影モードに対応し、屋外や暗所など場面を選ばずに利用できる。動画撮影時には回転3軸補正による強力な手ぶれ補正機能により、4K(3,840×1,920ピクセル)、30fps(フレーム/秒)相当の滑らかな映像を鮮明に記録できるとする。

本体に0.93型有機EL情報パネルとFn(ファンクション)ボタンを搭載し、撮影残り枚数や露出設定などの各種情報が一目で確認できるようになり、カメラ単体での操作性が向上した。JPEGに加えて新たにRAW(Adobe DNG形式)での保存に対応し、一般的なデジタル一眼レフカメラなどと同様の画像編集が可能。

またAndroidベースのシステムを採用し、アップデートによる基本性能の向上だけではなく、プラグインの追加インストールによる多様な機能拡張が可能。

作品志向が強い写真愛好家やパノラマフォトグラファーなどの要求に応えるとともに、ビジネスシーンにおけるプロフェッショナル用途にも適しているとのこと。オープン価格だが店頭実勢は12万6,900円(税込)。