コロプラのイメージ

人気ソーシャルゲーム「白猫プロジェクト」の運営会社コロプラを、ゲーム大手、任天堂が特許権侵害で提訴した。だがコロプラは、今回の件が影響して白猫プロジェクトが終了することは断じてないと主張している。

任天堂は2017年12月、白猫プロジェクトに特許権侵害があるとしてコロプラを提訴した。損害賠償44億円と遅延損害金に加え、白猫プロジェクトの生産、使用、電気通信回線を通じた提供などの差し止めを求めている。

コロプラは特許権侵害は一切ないとする見解の正当性を主張していく方針。グループの業績に与える影響を現時点で見通すことは困難としている。

白猫プロジェクトを遊んでいる人からゲームの今後に懸念の声が出るなか、コロプラは公式サイトに声明を出した。多くの応援メッセージを受け取っており、感謝しているが、不安の声も上がっているとして、あらめて告知を出したとする。

今回の件が影響し、白猫プロジェクトが終了することは断じてなく、また特許侵害の事実は一切ないと確信しているが、訴訟がたとえどのような結果になっても仕様変更等を通じ継続する考えだという。