コロプラのイメージ画像

任天堂は、人気ソーシャルゲーム「白猫プロジェクト」に特許権の侵害があるとして、運営会社であるコロプラを提訴した。コロプラが明らかにした。

任天堂は特許権侵害による損害賠償44億円と遅延損害金に加え、白猫プロジェクトの生産、使用、電気通信回線を通じた提供などの差し止めを求めている。

2016年9月に任天堂からコロプラへ特許権侵害の指摘があり、以来1年以上コロプラから任天堂へ特許権の侵害はないと説明してきた。しかし任天堂ではコロプラの考えは受け入れず、2017年12月22日付けで東京地方裁判所への提訴にいたった。

コロプラは特許権の侵害は一切ないとする見解の正当性を主張していく方針。グループの業績に与える影響を現時点で見通すことは困難としている。