iPhone Xのイメージ
16時30分時点で4~5週間待ち

新型iPhone「iPhone X」の予約受け付けが10月27日に始まり、早速注文が殺到している。Apple Storeでは早くも出荷日が4~5週間後となっている。

iPhone Xは画面の大型化を進めたほか高精細な有機ELディスプレイや顔認証機能などを導入したモデル。最近の高級Androidスマートフォンの流行を取り込んでいる。同時に発表したiPhone 8などに比べ価格が上で、出荷台数は少ないとの観測。

iPhone Xのイメージ
最近のAndroidスマートフォンのトレンドを取り込んだ

NTTドコモやKDDI(au)が、特定の携帯電話会社の回線のみ利用できる「SIMロック」版、Apple Storeが複数の回線が利用できる「SIMロックフリー」版をそれぞれインターネット上で予約を受け付けしている。

窓口となるWebサイト、アプリケーションなどは混雑し、一時つながりにくい状態になった。iPhoneの新モデルが登場するたびに起こる、もはや恒例のようなできごとだが、毎回望み通りに予約できた人、受け取れる時期が期待より遅くなりそうな人などが出て明暗が分かれた。

iPhone Xのイメージ
11月3日に受け取れる人は幸い

Apple Storeでの直売分は、価格がストレージ容量64GBのモデルで11万2,800円(税別、以下同じ)、256GBのモデルで12万9,800円。携帯電話会社による割引や購入支援がないにもかかわらず、多くの注文があった。

iPhone X転売のイメージ
「転売」目的の企業や個人はどこまで台数を抑えただろうか

なおiPhone Xについては希少性を理由に、以前から「転売」による利益を狙った企業や個人による大量購入がうわさになっており、一部は正価にかなりの金額を上乗せしたかたちで流通する可能性もある。