ねこあつめ、22位か―iPhone・iPadの人気アプリを表彰する「ベストオブ2015」発表
ねこあつめも一応ランクイン

2015年に人気があったiPhoneやiPad向けのアプリケーションを、Apple(アップル)がまとめた。話題の猫アプリ「ねこあつめ」はゲーム部門で22位だった。トップではないが、健闘したと見るべきだろう。

アップルは「BEST OF 2015」と題し、アプリ部門とゲーム部門でそれぞれ25点をランキングに並べている。App Storeなどから一覧でき、すぐに購入したりダウンロードしたりすることが可能。


アプリ部門のトップは写真編集の「Enlight」。アップルによる紹介は「写真の編集や加工に必要なあらゆる機能と直感的な操作で思い通りの一枚を」とのこと。

Enlight、何だかおしゃれだ
Enlight、何だかおしゃれだ

一方、ゲーム部門のトップは、人気シリーズ「トゥームレイダー」のヒロイン、ララ・クロフトが登場する「Lala Croft GO」。「冒険心をくすぐる原作の本質はそのままに、パズルという異なるジャンルに生まれ変わった」だそう。

ついつい時間を費やしてしまいそうなゲームだ
ついつい時間を費やしてしまいそうなゲームだ

ゲーム部門22位の「ねこあつめ」については、「ねこたちのかわいい仕草や、レアねこの存在が多くのプレイヤーを魅了した」と紹介。ちょっと、さめた評価ではないだろうか。

22位か
22位か

ともあれ、ねこあつめがグーグルとアップル、両方のベストゲームに入ったことは確かだ。