松軒中華食堂のイメージ

牛丼チェーン「松屋」で知られる松屋フーズが、新たにラーメンなどを出す「松軒(まつけん)中華食堂」を始める。まずは8月22日、東京都の京王線千歳烏山駅北口に最初の店が登場する。

松軒中華食堂は「こだわりの味わいをお手軽に。『みんなの食卓でありたい』」というコンセプトで、健康的かつ本格的な中華料理を手軽な価格で日常的に楽しめる店、とのこと。

松軒中華食堂のイメージ

メニューとして挙がっている「醤油拉麺」は450円(税別、以下同じ)。1724年創業以来醤油のみを造り続けてきた入正醤油など厳選した醤油をブレンドしたタレが特徴。あっさりと飽きのこない味がうりだ。

松軒中華食堂のイメージ

ほかにも「ニラともやしの豚生姜焼き」(500円)などの定食メニューも頼める。国産生鮮野菜と米を使っており、安全、安心を押し出している。

生ビール(270円)などのアルコール各種や、つまみになる「おつまみチャーシュー」(270円)なども注文でき、仕事帰りの「ちょっと1杯」に利用できる。

営業時間は昼の11時から深夜2時まで。ラストオーダーは1時30分となっている。年中無休。

松屋系列といえば、かつ丼などを出す「松乃家」なども活発。新業態にも期待したいところ。