富士そばファンブック

そばチェーン「富士そば」の公認ファンブックが登場した。基本のかけそばはもちろんのこと、「トルネードポテトそば」「ポパイそば」「ブレーメンそば」「鍋焼きうどん」など富士そばの自由な精神あふれるメニューに注目した内容のようだ。

ムック本や新書などをよく出している宝島社の子会社、洋泉社の新刊で、2月22日に発売予定だ。著者は鈴木弘毅氏。国内の富士そば全店実食を達成し、長年温め続けてきた企画として公認ファンブックを提案、出版編集会議を経て書籍化にこぎつけたそう。

洋泉社が公開している抜粋版に目を通すと、Twitterなどで話題になったトルネードポテトそばにかなりの項を割き、トルネードポテト作りの難しさなどを克明に追っており、なぜ津田沼店以外では挫折したのかなどに詳しい。

また同じくTwitterなどで話題の富士そばのラーメンについても言及している。富士そばのラーメン、特ににぼしラーメンは意外な人気があるが、こうしたインターネット上で注目を浴びたメニューを細かく拾っているもようだ。

ファンブックの定価は1,404円(税込)。