「もっと探す」のアイコン
「もっと探す」便利かじゃまか

Twitterが最近追加した「モーメント」「もっと探す」などの機能がじゃまだという声もある。もし本当にうっとうしく思うのであれば、機能や使い勝手に制限はあるものの、表示させない方法はまだある。

モーメント、はさまざまなツイート(投稿)を集めて「まとめ」を作ったり、ほかの人のまとめを見たりできる機能。

もっと探す、はモーメントを一覧したり、Twitterで盛り上がっている話題が分かる「トレンド」を確認したり、キーワードでツイートを検索したりすることが可能。

「もっと探す」はじゃま?

Twitterは最近iPhone版公式アプリケーションで画面下に「もっと探す」のアイコンを追加した。

じゃまだという人は、例えばiPhoneのWebブラウザーからTwitterを開いてみよう。以前からある4つのアイコン「タイムライン」「通知」「ダイレクトメッセージ」「キーワード検索」が並ぶ。

キーワード検索をしてもモーメントは表示されない。アプリ版とは少々使い勝手が異なるが、新機能が要らないという人には便利、かもしれない。

Web版のTwitter画面
Webブラウザーから見たTwitter。画面右にある虫メガネ型アイコンはキーワード検索のままだ

PC版の「モーメント」

PCのWebブラウザーからTwitterを開いた場合も、「モーメント」というアイコンが登場している。こちらもうっとうしいと思うのであれば、言語設定を英語などに変えてみよう。モーメントのアイコンはなくなり、元通りの並びで使える。

Twitterの言語設定による変化
PCのWebブラウザーでTwitterを使うなら言語を英語にしてみよう

実はこのモーメントは使っている人の「言語」と「地域」をみて、関係がありそうなまとめを集めて表示する仕組みになっている。Twitterは「日本にいる人向けの英語のまとめ」を集めていないため、モーメントのアイコンは消えるという訳だ。

つまり米国にいる人が英語でTwitterを開けばモーメントのアイコンはあらわれる。

またあくまでPCのWebブラウザーから利用した場合の話で、iPhone版公式アプリは言語設定を英語にしても、もっと探すのアイコンは消えない。

言語設定を英語にしても消えない
iPhone版アプリでは言語設定を英語にしても変わりはない

モーメントには慣れた方がよいかも

とはいえ、アプリではなくWebブラウザーを使うとか、言語設定を日本語ではなく英語にするといった抜け道をとっても、使い勝手はあまりよくない。

Twitterはモーメントを強く推しているので、そのうち抜け道もふさぐ可能性もある。今は多少じゃまに感じても、結局は早めに慣れてしまった方がよいかもしれない。