LINE連携の自販機
ドリンクを買うとLINEにポイントがたまる

LINEとつながる自動販売機「Tappiness(タピネス)」がこの春から東京と大阪に登場する。ドリンクを買うとLINEのポイントがたまり、一定数に達するともう1本もらえる。キリンビバレッジバリューベンダー(キリンVB)が手掛ける。

BluetoothでiPhoneやAndroidスマートフォンと通信する機能があり、ドリンクを買うたびに使っているLINEのアプリに「ドリンクポイント」がたまる。ポイントは一定数を超えると好きなドリンクと無料で交換することが可能だ。

わざわざ専用アプリを入れなくても、LINEさえ使っていれば簡単にポイントがたまるのが便利なところ。ドリンクとの交換以外にも、LINEを生かした特典が受け取れる見込みだ。

具体的にはスタンプや着せ替えなどだろうか。LINEに問い合わせたところ、まだ詳しくは話せないが、今春にまたあらためて発表するとのことだった。

なおタピネスは今夏以降、東京・大阪以外の全国主要都市でも順次利用できるようになるとのこと。

ちなみに、キリンVBは過去にもLINEとつながる自販機「VENDORPHOTO(ベンダーフォト)」を開発している。こちらはカメラ付きで、ドリンクを買うと自撮り(セルフィー)ができ、LINEでその写真を受け取れるというものだった。今回のタピネスはそれに続く第2弾だ。