サイバーエージェントは、2014年1月1日〜11月11日の期間に「アメーバブログ」に投稿されたブログ記事をもとに「2014年流行語」を分析、その結果を発表した。

2014年1月1日〜11月11日に投稿されたブログ記事は約1億4,000万件で、ブログ記事の内容のキーワードを分析、記事の投稿数をもとにランキング化した。


第1位は「増税」(61万6,900件)、第2位は「アナと雪の女王」(40万2,116件)、第3位は「妖怪ウォッチ」(40万642件)で、第4位「阪神」(25万5,931件)、第5位「羽生結弦」(10万2,357件)、第6位「ハリー・ポッター」(8万1,336件)、第7位「笑っていいとも」(8万1,047件)、第8位「iPhone6」(7万7,607件)、第9位「STAP 細胞」(7万5,534件)、第10位「ゴーストライター」(6万6,764件)と続く。

1位となったのは「増税」で、他のキーワードに大差をつけた。ブログ投稿のピークは増税前日の3月31日で、投稿件数は1日あたり3万78件。生活者には今年最大の関心事だった。

2位には大ヒットしたディズニー映画「アナと雪の女王」がランクインした。最も投稿数が多かったのは、DVD・ブルーレイディスク発売の7月のタイミングで、3月の劇場公開時の約2倍(月間あたり)の投稿数だった。ブログでも、映画を観た上でさらに DVD・ブルーレイディスクを購入したことを報告する記事が多く見られたそうだ。

3位はゲーム/アニメ/コミックなど複数メディアで、主題歌から踊りまで爆発的な人気となった「妖怪ウォッチ」。新グッズ「DX 妖怪ウォッチ タイプ零式」の発売日である8月2日には4,159件も投稿された。その後も1日あたり1,000件を超える高い投稿数をキープしている。

4位以下には、クライマックスシリーズで優勝を飾った「阪神」、ユニバーサル スタジオ ジャパンに登場した新エリアが注目を集めた「ハリー・ポッター」、番組最終回前後に「タモロス」という言葉を生み、約31年の歴史を閉じた「笑っていいとも」、9月に発売された「iPhone 6」が続いた。

「アメーバブログ」約1億4,000万件から分析する2014年流行語、「増税」が圧倒的1位で2位「アナと雪の女王」
「アメーバブログ」約1億4,000万件から分析する2014年流行語