富士通は、企業向けタブレットや、ラインナップを一新したシンクライアント/ゼロクライアントのほか、デスクトップパソコン/PC ワークステーションの計9シリーズ10機種の販売を5月14日から順次開始する。

富士通がゼロクライアントなど企業向けタブレット、シンクライアントなど10機種を販売開始
ARROWS Tab Q704/PV

新発売の「ARROWS Tab Q704/PV」は、Windows 8.1 Pro と、第4世代「インテル Core i5 プロセッサー」を搭載した12.5型ワイド液晶のタブレット。手のひら静脈認証センサーや、リモートデータ消去ソリューション「CLEARSURE 3G/LTE」にも対応し、セキュリティ機能を強化した。


シンクライアント/ゼロクライアント端末
シンクライアント/ゼロクライアント端末

シンクライアント端末では、統合運用管理ソフトウェア「FUJITSU Software Systemwalker Desktop Patrol」をプレインストールした、デスクトップ型の「FUTRO S720」、モバイルノート型の「FUTRO ME734」、A4ノート型の「FUTRO MA574」の3機種を新発売。OS も CPU もストレージも持たないデスクトップ型ゼロクライアント「FUTRO L420」は、簡単な仮想環境へのアクセスや端末側に一切データを保存しないなどの、セキュリティ性やメンテナンス性の高さが特長だという。

ESPRIMO Q520/J
ESPRIMO Q520/J

企業向けデスクトップパソコン「ESPRIMO」シリーズには、Windows 8.1 Pro を搭載した省スペースモデルの「ESPRIMO Q520/J」が登場。ほかにも、第4世代「インテル Core プロセッサー・ファミリー」を搭載したハイエンドモデル「ESPRIMO D753/J」と、多機能モデル「ESPRIMO D583/J」も登場する。

PC ワークステーションの「CELSIUS」では、「インテル Xeon プロセッサーE3-1200v3 製品ファミリー」をカスタムメイドで搭載できるミニタワー型 PC ワークステーション「CELSIUS W530」と、コンパクト型 PC ワークステーション「CELSIUS J530」を新たに発売する。