富士通は、個人向け PC「FMV シリーズ」新製品として、新しいコンセプトの「LIFEBOOK GH シリーズ」をはじめ、計6シリーズ6機種の販売を、1月23日から順次開始する。

また、企業向けには、Windows タブレット「ARROWS Tab」1シリーズ2機種、および企業向けノート PC「FUJITSU Notebook LIFEBOOK」3シリーズ4機種の販売を、1月から順次開始する。


個人向けの「LIFEBOOK GH77/T」は、用途に応じてタブレット、PC、ボードの3スタイルを使い分けることができる、PC の新しい形を提案するもの。

15.6型の大画面ながら世界最薄の約 9.8mm、世界最軽量の約 980g のワイヤレスディスプレイを、 富士通独自の無線通信技術により、世界で初めて、本体と分離させた。薄くて軽いワイヤレスディスプレイ単体を、本体から離して、家庭内の別の場所から利用できる。

本体は「インテル Core i7 プロセッサ」と約 1TB の HDD を2台搭載、自動でバックアップを行う。また、 NFC 対応のスマートフォンを本体にかざすだけで、スマートフォン内の写真や動画を PC に自動で保存できる。個人向けクラウドサービス「My Cloud」(マイクラウド)を利用することもできる。人感センサーを搭載しており、人がいない時は待機モード、人が近づくと復帰するので、24時間使いたいときにすぐに使える。

富士通、タブレットにも PC にもなる個人向け新製品 LIFEBOOK を発表
LIFEBOOK GH77/T