群馬県みなかみ町で、気象情報ネットワークと道路管理・車両運行システムを連携した新たなシステムを、富士通グループ3社と扶桑電通が構築し、運用を開始した。

このシステムで、みなかみ町は、降雨・降雪などの気象データとともに、道路パトロール車や除雪車の運行状況をリアルタイムに把握し、防災減災・雪害対策などの住民サービスを向上させた。


具体的には、みなかみ町内13か所の気象情報をリアルタイムに取得し、除雪車や道路パトロール車の作業状況を把握することで、防災減災・雪害対策を効率化した。また、気象や道路状況は、みなかみ町のホームページを通じて、地域住民、観光客に公開している。

富士通グループ3社とは、富士通クオリティ・ラボ(気象情報ネットワーク構築)、環境計測(気象センサー設計)、富士通エフ・アイ・ピー(Web ネットワーク構築)。


群馬県みなかみ町、気象情報と道路情報の連携で防災
システム全体のイメージ