日本 HP は、ネットワーク環境の全体最適化を目的とした、データセンター/キャンパスネットワーク向け製品ラインアップを拡充、さらに SDN(Software-Defined Networking)に対応するアプリケーションの販売を開始した。

主な製品は、データセンターネットワーク向けシャーシ型 L3 スイッチ「HP FlexFabric 12518E Switch」「HP FlexFabric 12508E Switch」、キャンパスネットワーク向け IEEE 802.11ac 対応無線アクセスポイント「HP 560 802.11ac Dual Radio Access Point」、Microsoft のユニファイドコミュニケーション&コラボレーション(UC&C)ツールと連携する SDN 対応アプリケーション「HP Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lync」、HP のセキュリティ情報データベース「TippingPoint Reputation Digital Vaccine」(Reputation DV)と連携し、様々な脅威からネットワークを守る SDN 対応アプリケーション「HP Network Protector SDN Application」。


日本 HP、100Gbps 対応シャーシ型スイッチ、ネットワークエッジでの SDN アプリを発表
「HP FlexFabric 12518E Switch」

FlexFabric 12508E/12518E Switch は、次世代データセンターのニーズを満たすネットワーク製品で、より高速・高密度で 10Gbps および 40Gbps、将来的には 100Gbps イーサネットなど、多様なインターフェイスを搭載できる、ネットワークのコアを担うシャーシ型 L3 スイッチ「HP 12500 Switch シリーズ」の新モデル。

スイッチング性能を75%増強し、低遅延で高速でパケットを処理するとともに、信頼性を確保するために「Non Stop Routing」と「Non Stop Forwarding/Graceful Restart」機能を実装している。

HP 560 802.11ac Dual Radio Access Point(HP 560)は、最大 1.3Gbps の無線通信速度を持ち、既存製品の約3倍の性能があるそうだ。また、無線ネットワークを最適化する「Wi-Fi Clear Connect」機能で、無線の混雑状況に応じて「チャネルの最適化」「パフォーマンスの平準化」「パケット送信のスケジューリングを調整した輻輳(ふくそう)の回避」などをリアルタイムに実施、自律した高品質の無線ネットワークを提供できるそうだ。

今後、OpenFlow に対応することで、SDN 環境で有線/無線ネットワークの区別なくネットワークを統合制御できるようになる、という。

Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lync と Network Protector SDN Application は、OpenFlow の適用箇所をキャンパスネットワークの終端(エッジ)にフォーカスしている。既存ネットワークを SDN 化に移行する際に、端末が接続される終端のネットワーク集線機器を OpenFlow 対応機器にすることで、既存のネットワーク資産を流用しながら、アプリケーションと連携する SDN のメリットを低コストで実装できる。
 
Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lync は、「Microsoft Lync」と「HP VAN SDN コントローラー」を連携するインターフェイス製品。UC&C に関する通信帯域幅が OpenFlow を活用して動的に最適化される。通常、各スイッチが利用できる帯域幅は静的に割り当てられているため、映像や音声の通話品質が低下してしまうケースも多い。Network Optimizer SDN Application for Microsoft Lync は、Microsoft Lync ユーザーに適正なポリシーを動的に実装し、UC&C に関する満足度(QoE)を向上させる。

Network Protector SDN Application は、HP の Reputation DV と「VAN SDN コントローラー」が連携するインターフェイス製品。ネットワークの終端部分にリアルタイムでセキュリティを確保する。Reputation DV には、数百万件もの悪意ある IP アドレスやドメインネームが登録されており、リアルタイムで更新されている。これとネットワークにアクセスしてきたユーザーのトラフィックを照合、ユーザーデータとプライバシーをプロアクティブに防御する。