IoT(モノのインターネット)を活用したインテリア雑貨「Umbrella stand(傘立て)」と「Dust bin(ゴミ箱)」が、KDDIと沖縄セルラーから発売されました。スマートフォンの専用アプリと連携し、外出前に傘の必要性やゴミ出しの日を知らせてくれます。

賢い「傘立て」と「ゴミ箱」がKDDIから--その日の天気やゴミの収集日をお知らせ
見た目はシンプルなインテリア、でも実は...?

「Umbrella stand」は、傘を持っていく必要があるかどうかを教えてくれる傘立て。専用アプリをインストールしたスマートフォンを持って近づくと、内蔵されたLEDがその日の傘の必要度に応じた色で点灯。専用アプリにも通知が届き、天気の詳細を確認できます。


色で教えてくれるから一目瞭然
色で教えてくれるから一目瞭然

一方の「Dust bin」は、ゴミの収集日を教えてくれるゴミ箱。専用アプリをインストールしたスマートフォンを持って近づくと、「可燃ゴミ」「不燃ゴミ」などの種類ごとに異なる色で点灯、専用アプリにも通知が届きます。どのゴミの日か一目でわかるため、忙しい朝でも出し忘れを防げるそうです。

ゴミ出しのチャンス、逃したくないですよね
ゴミ出しのチャンス、逃したくないですよね

両製品とも、auショップ店頭とau WALLET Market、東京・原宿にあるHYPER MARKETにて購入可能。HYPER MARKETでの取り扱い開始は12月中旬を予定しています。