アルプス システム インテグレーション(ALSI:アルシー)は、情報漏洩(ろうえい)対策シリーズ「InterSafe ILP(インターセーフ アイエルピー)」をバージョンアップし、5月18日より販売する。

InterSafe ILP は、デバイス制御ソフトやファイル暗号化ソフトなどで構成された情報漏洩対策ソリューション。「重要情報の保護」「外部デバイスへの不正持ち出し防止」「持ち出し後のファイルの安全な活用」「送信データの情報漏洩防止」をオールインワンで実現する。


ALSI、情報漏洩対策シリーズの新バージョン発売--厳重なデータ管理と柔軟な運用を両立
情報漏洩対策をオールインワンで実現
(出典:ALSI)

発売する「InterSafe ILP Ver.4.3」は、Web カメラとスキャナーの利用を例外的に許可する機能を追加。これにより、スマートフォンなど情報漏洩経路となりうる外部デバイスの利用を禁止していても、業務上の利用ニーズが高い Web カメラなどが利用可能となった。また USB デバイスの読み取り専用機能を追加したことにより、事前に登録された USB デバイスのファイルを読み取ることができる。これらの新機能により、データの厳重な管理と柔軟な運用を両立させるとしている。