カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループのポイント サービス「Tポイント」の全面導入に取り組んでいるソフトバンクモバイルは、同社の携帯電話/スマートフォン利用者を対象として、Visa 加盟店で使えて Tポイントを貯められるプリペイドカード「ソフトバンクカード」の提供を3月6日に開始する。入会費および年会費は無料。

ソフトバンクモバイルのプリペイドカード「ソフトバンクカード」、Tポイントが貯まる
「お父さん」デザインのカードも用意される

ソフトバンクカードは、「バリュー」と呼ばれる仮想的な通貨をチャージして買い物に利用できるプリペイドカード。国内だけでなく海外も含め、百貨店やコンビニエンスストア、ドラッグストア、飲食店、衣料店、通販サイトなど約3,800万店ある Visa 加盟店での支払いに対応する。ソフトバンクモバイルの携帯電話料金の支払いも行える。


カードにチャージできるバリューの上限額は100万円。カード所有者が自分でチャージするほか、「プリペイドバリュー」または「現金バリュー」として家族/友人/知人のソフトバンクカードに送ることもできる。チャージ方法は、一般的なプリペイドカードと同じく事前チャージに加え、自動チャージ(オートチャージ)「おまかせチャージ」が設定可能。

事前チャージのやり方には、任意の銀行の口座から行う銀行振込チャージ、ジャパンネット銀行の口座から行う口座振替チャージ、ソフトバンクモバイルの携帯電話料金と合算(キャリア決済)して支払う「ソフトバンクまとめて支払いチャージ」、ソフトバンクカードに貯めたTポイントをバリュー化する(100ポイントが85円相当のバリューになる)「Tポイントでチャージ」がある。今後、ワイジェイカード指定のキャッシング利用可能枠を使ってチャージする「キャッシングチャージ」も提供する予定だ。

おまかせチャージは、支払い時に利用代金と同額のバリューが自動的にチャージされる無料オプション サービス。チャージした金額は、指定しておいた銀行口座から後日引き落とされる。

Tポイントは、基本的に Visa 加盟店での支払い額200円(税込)ごとに1ポイント貯められる。また、おまかせチャージを契約しておくと100円ごとに1ポイントと付与率が倍増する。さらに、Tポイント提携先かつ Visa 加盟店での支払いにソフトバンクカードを使うと、付与率がおまかせチャージ契約時は最大3倍、非契約時は最大2倍に高まる。

なお、20歳から39歳のビジネスウーマンを対象にしたある調査によると、Tポイントの利用率は73.7%で、「Ponta」(69.0%)、「楽天スーパーポイント」(49.3%)を上回った。利用者が多いためか、「やる気スイッチ」のキャッチ コピーで知られ、学習塾/英会話スクール/幼児教室などを展開する拓人ホールディングスが傘下教育機関で生徒の出席状況などに応じて Tポイントを付与するサービスを導入するなど、ユニークな活用事例も登場している。

やる気スイッチ グループのカード
やる気スイッチ グループのカード