今年7月1日(水)は「うるう秒」の調整が行われ、午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に「8時59分60秒」が挿入される。総務省および情報通信研究機構(NICT)が発表した。うるう秒の調整が実施されるのは3年ぶり。

今年の7月1日は1秒長い--「うるう秒」として“8時59分60秒”が挿入される
数年に1度行われる「うるう秒」の調整

うるう秒は、原子時計に基づく時刻と、地球の公転・自転に基づく天文時との間で生じる“ずれ”を調整するための秒。両者のずれが0.9秒以内に収まるように調整した時刻が世界の標準時(協定世界時)として定められており、1972年から数年に1回の頻度で調整されている。


世界で一斉に行われるうるう秒の調整を決定するのは、地球の回転を観測する国際機関「国際地球回転・基準系事業(IERS)」。日本では NICT が、IERS の決定に基づき日本標準時へのうるう秒の挿入を実施している。

うるう秒が調整されるのは、2012年7月1日以来3年ぶり。調整が平日に実施されるのは1997年以来となる。調整後の正しい日本標準時は、電波時計などに時刻情報を提供する標準電波やコンピュータの時刻合わせに用いられる「NTP サービス」などを通して通報される。