携帯電話が初めて登場したとき、こんな板状のもので電話ができるのだろうか、と違和感を感じたユーザーは多数いるだろう。シャープが今回発表し、2016年前半に発売するという、モバイル型ロボット電話「RoBoHoN」(ロボホン)はどうだろうか。

逃げだしたらどうなる?モバイル型ロボット電話「RoBoHoN」、シャープなどが開発
モバイル型ロボット電話「RoBoHoN」

RoBoHoNは、シャープがロボットクリエイター高橋智隆氏と共同で開発、ロボット技術と携帯電話技術を融合した次世代の携帯情報通信端末だ。二足歩行できるヒューマノイドロボットだが、高さ約19.5センチの小型のサイズ。ポケットや鞄などに入れて手軽に持ち運べる。


モバイル通信(LTE/3G)に対応し、音声通話、メールやカメラ、液晶タッチパネルなど、携帯電話の基本機能のほか、新たに開発したフォーカスフリーの小型プロジェクターも搭載しているので、写真や映像、地図などを壁や机などに投影できる。各機能はRoBoHoNと音声で対話して操作できる。

いよいよ、歩けて喋れて言うことを聞く、夢のような電話ロボットの登場だ。足があるので逃げ出すこともできる…。

RoBoHoNロゴ
RoBoHoNロゴ