ロボクルトアクオスアール
スマートフォンと充電台の組み合わせで実現した

スマートフォンを置くと家庭用ロボットのように使える装置を、シャープが開発した。テーブルなどに載せておくと、回転して持ち主を探してくれるほか、離れたところから音声で呼びかければ、さまざまな答えを返したりしてくれる。

シャープはこのほど、最新のAndroidスマートフォン「AQUOS R(アクオスアール)」と充電台「ROBOQUL(ロボクル)」を発表。双方を組み合わせると便利な機能が利用できる。

アクオスアールの画像
新機種AQUOS R

ロボクルのイメージ
充電台のROBOQULと組み合わせれば

アクオスアールとロボクルの合体
まるで家庭用ロボットに

もともとAQUOSシリーズの各機種は、人工知能(AI)技術を駆使して、各種の呼びかけに適当な返事をする音声アシスタント「エモパー」を搭載している。おおざっぱに言えばiPhoneにおける「Siri(シリ)」と似たようなもの。

エモパーのアプリロゴ
シャープの開発した「エモパー」アプリ

エモパーの利用イメージ
音声アシスタントではすでに実績がある

「ヘイ、シリ」のように「ハロー、エモパー」と呼びかけてから朝の天気や話題のニュースなどを尋ねると、すぐに音声で回答してくれるほか、画面にも役立つ情報を表示する。

今回の新型充電台にスマートフォンを載せれば、くるくると回転して持ち主を見つけ、カメラで顔を検知したうえで、電話着信時やアラーム鳴動時に情報を通知してくれる。

ロボクルの回転イメージ
回転して人を見つける

本体を手に取らなくても、対話するようにさまざまな操作が可能。エモパーだけでなく、「オーケイ、グーグル」と呼びかけて、Googleの音声アシスタントを利用することも可能だとか。

対話型コミュニケーション
手に取らずに操作が可能だ

歌って踊れる小さな人型携帯電話「RoBoHon(ロボホン)」を開発するなど、最近ロボットづいているシャープらしい発明だ。

ロボホンのイメージ
歌って踊れる携帯電話「RoBoHon」を作ったシャープらしい

なお、AQUOS Rなどは携帯電話各社から2017年夏モデルとして発売予定。