子どもの安全をサポートする「ドコッチサービス」が、4月4日から開始される。このサービスはNTT ドコモが運営するもので、「デバイスプラス500」と「FOMA 定額データプラン」に対応する。

「ドコッチサービス」では、各種のセンサーや通信機能のある腕時計の形状をした「ドコッチ 01」を子どもに装着し、「元気に運動中」「活動中」「安静状態」「非装着」の4つの状態に分類した子どもの状態と、周囲の温度・湿度を、最大6台のスマートフォンや PC から、いつでも確認できる。


「ドコッチサービス」開始に合わせ、専用端末として、3G 通信機能や GPS、Bluetooth、各種センサー付きの子ども向け腕時計型ウェアラブル端末「ドコッチ 01(ホワイト)」が4月4日に、「ドコッチ 01(ライトブルー)」が4月上旬に発売になる。

発売に先立ち、26日から全国のドコモショップとドコモオンラインショップで、事前予約を受付けている。

もう迷子にならない―ドコモの子ども向け「ドコッチサービス」で腕時計型ウェアラブル端末
「ドコッチ 01」外観

家族などあらかじめ設定しておくとメール(SMS)の送受信ができる。

子どもと一緒に出かける際には、専用アプリ「ドコッチおでかけアプリ」で、子どもが遠くはぐれてしまう前に知らせを受け取ることできる。万が一のときは、子どもが SOS ボタンを長押しすると、家族にメールで通知が届く。

また「イマドコサーチ」と連携、子どもがワンボタンで自分の位置情報を知らせたり、家族が居場所を検索したりできる。

サービス概要
サービス概要