アナログ腕時計型ウェアラブルデバイス「wena wrist」(ウェナ リスト)のクラウドファンディングが開始された。

「ウェナ リスト」は、ソニーの新規事業創出プログラムの新プロジェクト。デザインはアナログ腕時計だが、独自技術でバンド部にデジタルテクノロジーを融合させた。コンセプトは、「自然に身につけられるテクノロジー」。


バンド部には、日常生活に役立つ機能として、「FeliCa」(フェリカ)技術によるおサイフケータイ機能、スマートフォンと連動して電話やメールの着信、SNSの更新を光や振動で確認できる通知機能、歩数や消費カロリーなどのログ機能を搭載している。

ソニー、一見アナログ風のウェアラブルをクラウドファンディングで
おサイフケータイ機能使用イメージ

「ウェナ リスト」にはChronograph(クロノグラフ)とThree Hands(3針)の2タイプがあり、カラーバリエーションはブラックとシルバー。クラウドファンディングでは3万4,800円から6万9,800円(税込)の支援コースを用意した。ユーザーは製品代という形で「ウェナ リスト」の製作を支援できる。

クロノグラフタイプと3針タイプ
クロノグラフタイプと3針タイプ

クラウドファンディング期間は約2か月。クラウドファンディングとEコマースを兼ね備えたサイト「First Flight」で実施する。支援(予約購入)したユーザーには、ファンディングが目標額に達成すると、製品が届けられる。