SUBARU、新型「フォレスター」公開

SUBARUはニューヨークモーターショーで、新型「フォレスター」を世界初公開した。「ドライバーモニタリングシステム」が採用されたほか、SUVらしいデザインや高い走破性が実装されている。

SUBARU、新型「フォレスター」公開

「ドライバーモニタリングシステム」とは、シートポジションやドアミラー角度、空調設定を登録済みドライバーごとに自動調整する乗員認識技術。ドライバーを快適におもてなしするだけでなく、ドライバーの脇見や居眠りを推定して注意を促し、安全運転をサポートする。

SUBARU、新型「フォレスター」公開

デザインはSUBARU共通のデザインフィロソフィーDYNAMIC x SOLIDに基づき、SUVらしさを表現した。エクステリアでは、SUVらしさをモダンキュービックフォルムで表現している。エクステリアカラーはフォレスター専用色(新色)となる「ジャスパーグリーン・メタリック」を含む9色が設定された。

SUBARU、新型「フォレスター」公開

インテリアはインストゥルメントパネルとコンソールを連続させることで、SUVらしい力強さに加えてゆとりと開放感を表現している。インテリアカラーは、ブラウンをはじめ4 色が設定された。一部仕様ではセンターコンソールやシートステッチにアクセントカラーが配されている。

SUBARU、新型「フォレスター」公開

SUVらしい高い走破性を演出するのは新開発2.5L 水平対向4気筒直噴エンジン。従来の2.5Lエンジンに対し約90%の部品を刷新して直噴化し、環境性能を高めながらも出力とトルクを向上させた。CVTのマニュアルモードを7速化し、走りの愉しさを向上させている。

SUBARU、新型「フォレスター」公開

4輪駆動システム「シンメトリカルAWD」を採用。雪道や泥道等の悪路から、濡れた道、高速道路といった様々な路面状況において安定した走行性能を提供する。また、滑りやすい路面等で、エンジン、トランスミッション、ブレーキ等をコントロールするX-MODEは制御を最適化することで悪路走破性を向上させた。

SUBARU、新型「フォレスター」公開

米国向け新型「フォレスター」は、2018年秋に販売が開始される予定。

SUBARU、新型「フォレスター」公開