SUBARU新型「CROSSTREK(クロストレック)」世界初公開 アクティビティを「トレッキング」するようにカジュアルに愉しむ

SUBARUは新型「CROSSTREK(クロストレック)」を世界初公開した。

SUBARU新型「CROSSTREK(クロストレック)」世界初公開 アクティビティを「トレッキング」するようにカジュアルに愉しむ

「CROSSTREK」は本格的なSUV性能とラギッドでスポーティなデザインを併せ持つ、クロスオーバーSUV。都会からアウトドアシーンまで幅広く活用出来る多用途性を実現している。


第3世代となる新型では、これまで市場によって使い分けていた「CROSSTREK」「SUBARU XV」の車名を、グローバルで「CROSSTREK」に統一した。また、新世代アイサイトに加え、広角単眼カメラも日本仕様として初めて採用することで、高い安全性能を実現している。

新型「CROSSTREK」日本仕様プロトタイプの主な仕様

エクステリアデザイン

フロントビュー

厚みを感じさせる高いフード位置により、逞しさを表現した。さらにシャープさを感じさせるフロントグリルバーやLEDヘッドランプにより、軽快かつ精悍なイメージのフロントマスクに仕立てている。

SUBARU新型「CROSSTREK(クロストレック)」世界初公開 アクティビティを「トレッキング」するようにカジュアルに愉しむ

サイドビュー

クラッディングエリアを拡大して高い走破性を予感させている。また、ダイナミックなラインや造形を盛り込んだボディで、頼もしさと躍動感を両立させた。

SUBARU新型「CROSSTREK(クロストレック)」世界初公開 アクティビティを「トレッキング」するようにカジュアルに愉しむ

上級グレードでは18インチアルミホイールを採用している。

リヤビュー

キャビンを絞り込むことでフェンダーの張り出しを強調し、安定感を表現した。

SUBARU新型「CROSSTREK(クロストレック)」世界初公開 アクティビティを「トレッキング」するようにカジュアルに愉しむ

ボディカラー展開

新色の「オフショアブルー・メタリック」と「オアシスブルー」を含む、全9色のエクステリアカラーを設定している。

SUBARU新型「CROSSTREK(クロストレック)」世界初公開 アクティビティを「トレッキング」するようにカジュアルに愉しむ

インテリアデザイン

インストルメントパネル

マルチマテリアルの多層構造とすることで、各素材の風合いを活かした、シンプルでありながら表情豊かなインパネデザインとした。

SUBARU新型「CROSSTREK(クロストレック)」世界初公開 アクティビティを「トレッキング」するようにカジュアルに愉しむ

センターコンソール

センターコンソール上面の位置を高くして包まれ感と上質感を表現し、操作性も向上させている。収納も充実させ、使い勝手の良さを感じさせるインテリアに仕立てた。

SUBARU新型「CROSSTREK(クロストレック)」世界初公開 アクティビティを「トレッキング」するようにカジュアルに愉しむ

インテリアバリエーション

上級グレードにはファブリック(シルバーステッチ)、標準グレードには、トリコット(シルバーステッチ)を採用。メーカー装着オプションとして本革シートも設定している。

SUBARU新型「CROSSTREK(クロストレック)」世界初公開 アクティビティを「トレッキング」するようにカジュアルに愉しむ

パッケージング&ユーティリティ

荷室スペース

従来型同等の大きな荷室開口部と必要十分な荷室容量を確保。6:4分割可倒式リヤシートによって荷室を自在に拡張することで、大きな荷物や長尺物の搭載も可能とした。

SUBARU新型「CROSSTREK(クロストレック)」世界初公開 アクティビティを「トレッキング」するようにカジュアルに愉しむ

ユーティリティ

リヤゲート下部のトリムやサイドシルプレートに、山をモチーフとしたテクスチャーを採用した。サイドシルプレートは形状を最適化し、ルーフに荷物を載せたり、屋根を拭き上げるために足をかける際の安定性を高めている。

SUBARU新型「CROSSTREK(クロストレック)」世界初公開 アクティビティを「トレッキング」するようにカジュアルに愉しむ

SUBARU新型「CROSSTREK(クロストレック)」世界初公開 アクティビティを「トレッキング」するようにカジュアルに愉しむ

マルチメディアシステム

11.6インチセンターインフォメーションディスプレイを搭載。スマートフォンとの連携機能を大幅に強化し、普段使っているスマートフォンと同じ感覚でシームレスに扱えるインフォテインメントシステムに進化させた。

SUBARU新型「CROSSTREK(クロストレック)」世界初公開 アクティビティを「トレッキング」するようにカジュアルに愉しむ

動的質感

2ピニオン電動パワーステアリング

応答遅れが少ないスポーティで上質なステアリングフィールを実現する2ピニオン電動パワーステアリングを採用。ドライバーのステアリング操作軸をモーターアシスト軸から分離した構造とし、操舵初期のフリクションを低減し、リニアでなめらかなトルク伝達を可能とした。また、操舵角に応じてステアリングのギア比が変化する「VGR(Variable Gear Ratio)」を継続採用。低速時の取り回しの良さと高速走行時の直進安定性を両立している。

SUBARU新型「CROSSTREK(クロストレック)」世界初公開 アクティビティを「トレッキング」するようにカジュアルに愉しむ

電動ブレーキブースター

電動ブレーキブースターを採用。プリクラッシュブレーキで、自転車の急な飛び出しなどへの応答性が向上した。また、全車速追従機能付クルーズコントロール使用時の、急な先行車の割り込みなどに対する素早い減速も実現している。

パワートレーン

モーターアシストの軽快な走りが愉しめる2.0L e-BOXERを採用。エンジンやリニアトロニックにも振動や騒音を低減する改良を施した。

SUBARU新型「CROSSTREK(クロストレック)」世界初公開 アクティビティを「トレッキング」するようにカジュアルに愉しむ

安全性能

広角単眼カメラ(SUBARU日本市場初)

低速での走行時に、新型ステレオカメラよりも広角で、二輪車/歩行者を認識できる単眼カメラを新採用。プリクラッシュブレーキで対応できるシチュエーションを拡大し、歴代アイサイトとして最高の性能を実現した。

SUBARU新型「CROSSTREK(クロストレック)」世界初公開 アクティビティを「トレッキング」するようにカジュアルに愉しむ

SUBARUは新型「CROSSTREK」を日本市場に2023年以降に導入予定。以降、順次世界各国市場に導入するとしている。

SUBARU新型「CROSSTREK(クロストレック)」世界初公開 アクティビティを「トレッキング」するようにカジュアルに愉しむ