USB指紋リーダーのイメージ

ノートPCなどに簡単に装着できるUSB指紋認証リーダー「DN-915231」を、上海問屋が取り扱っている。

今や低価格帯のノートPCなども搭載しているMicrosoftの最新OS「Windows 10」。その特徴の1つが生体認証機能「Windows Hello」。

まるでiPhoneのように、パスワードのかわりに持ち主の顔や指紋でログインを可能にするのだが、一部のPCには指紋リーダーを内蔵していない場合もある。

そこでこうした外付けのリーダーがあちこちで販売中。会社で席を立つたびにログオフが必要な人がつどPINコードやパスワードを入力する手間がなくなる。センサー部分へ指を触れるだけで約1秒でログインが可能。角度を気にせず360度、どの方向から指をあててもよい。専用アプリケーションは不要。Windows Helloを起動して簡単に設定を行える。またマルチユーザーに対応し、学校や会社の共有PCでも利用可能。

種類はノートPC向けのドングルタイプと、デスクトップ向けの有線タイプ。いずれも直販価格は2,999円(税込)。