ガラスウォッチのイメージ

セイコーウオッチ、ガラスの塊のような腕時計「ガラスウオッチ」全3機種を11月10日より発売する。ISSEY MIYAKEブランドの取り扱い店で購入できる。

ISSEY MIYAKE WATCH プロジェクトの16番目のモデルとして、ガラスの立体造形で知られるデザイナーの吉岡徳仁氏が手掛けた。

ガラスウォッチのイメージ

透明なガラスの底に閉じ込めた時計の針が静寂を感じさせるよう設計している。手に取ると差し込む光線が輝きを放ち、まわりの風景を映し出す。

強化処理した無機ガラスをステンレススチール製のケースに収めた作りで、普段使いに耐える堅牢性や防水性を備える。美しい輝きが生まれるように一つ一つ削り出しで加工した厚いカバーガラスでダイヤルを包んでいるのが特徴。

ストラップにはガラス素材の冷たさと対照的な温もりを感じる牛革を採用。タンニンなめしで、色調はオーガニック水染め。自然な風合いを重視している。中留は着脱時の不慮の落下を考慮して、バンドが輪になる三つ折れ方式にした。直径39mm、厚み15.6mmで、男性にも女性にも向く。

ガラスウォッチのイメージ

希望小売価格は、硬質コーティングを施した「NYAH002」が4万8,000円(税別、以下同じ)、通常モデルは、ブラック牛革ストラップの「NYAH001」、ナチュラル牛革ストラップの「NYAH003」ともに4万6,000円。