物語の自販機の画像
(出典:Short Edition)

フランスの街角には「物語の自動販売機」が置いてある。電車の待ち時間をつぶす際などに便利で、1分、3分、5分といった長さの豊富な短編を紙に印刷してくれる。無料だ。

物語の自販機のイメージ
(出典:Short Edition)

物語の自販機のイメージ
(出典:Short Edition)

正式には「Distributeur d’histoires courtes」、日本語にするなら「掌編供給機」だろうか。観光地や地下鉄の駅などさまざまな場所に置いてある。


2011年に設立したフランスのGrenoble(グルノーブル)発のベンチャー、Short Editionの製品で、最近は海外で盛んに報道があり、日本のニュースサイトやラジオなどが取り上げ、Twitterなどでもクチコミが広がっている。

作品は寄稿によって成り立っており、公式サイトで作家の募集もかけている。インターネット上の読者のコミュニティが評価して優秀な作品を選ぶ仕組みがあり、強い支持を得れば、掌編供給機はもちろん、ポッドキャストによる配信や出版の可能性もある。

ショートエディションの仕組み
(出典:Short Edition)

どうやら日本でいう「小説家になろう」のような投稿小説サイトに近い側面も備えているようだ。すでに膨大な量のフランス語の掌編が集まっている。小説だけでなく詩や、HAIKU(俳句)なども対象のよう。

ちなみにShort Editionの掌編供給機は、このほど米国ボストンへの進出を果たしたそう。そちらは当然ながら英語の掌編が読めるようになっている。果たして日本でも登場するだろうか。