自転車のペダルを漕げば、タイヤの空気圧を調整できる「WhiteCrow Hub」

「WhiteCrow Hub」は、自転車のペダルパワーでタイヤの空気圧を調整できるマウンテンバイク用のハブ。ベルギーに本拠を置くWhiteCrow Techが開発した。

自転車のペダルを漕げば、タイヤの空気圧を調整できる「WhiteCrow Hub」
ペダルパワーで空気圧を調整できるハブ 「WhiteCrow Hub」

マウンテンバイクに乗っているときには、舗装路を高めの空気圧で走行したいときと、オフロードなどで空気圧を下げ、高いトラクションを得て走行したいときがある。だが道路状況にあわせ、タイヤの空気圧を上げ下げするのはとても面倒だ。

自転車のペダルを漕げば、タイヤの空気圧を調整できる「WhiteCrow Hub」
オフロード向けの空気圧設定では高いトラクションを得られるが

自転車のペダルを漕げば、タイヤの空気圧を調整できる「WhiteCrow Hub」
そのまま舗装路を走ると、とても疲れてしまう

「WhiteCrow Hub」はこの問題を解決してくれるハブ。ハンドルバーに取り付けたレバー操作により、空気圧を一瞬で変化させることができる。

「WhiteCrow Hub」は、2つのパートで構成されている。1つはタイヤ内部に取り付けられる高圧空気の保持チューブ。もう1つがハブ本体だ。チューブは細いホースでハブとつながっており、ハブはまたもう一本のホースでタイヤにつながっている。

自転車のペダルを漕げば、タイヤの空気圧を調整できる「WhiteCrow Hub」
ハブは2本のホースで、高圧空気保持チューブとタイヤに繋がっている

タイヤの空気圧を上げたい場合、ハブのエアバルブを開く。すると、チューブ内の高圧空気がハブを経由し、タイヤへと流れ込む仕組みだ。

自転車のペダルを漕げば、タイヤの空気圧を調整できる「WhiteCrow Hub」
空気圧を上げる場合:チューブ内の高圧空気がハブ経由でタイヤへと流れ込む

反対に、空気圧を下げたい場合には、ハブ内部のエアポンプが機能。タイヤ内の空気を吸い込み、チューブ内へと送り込む。この際にはホイールの回転エネルギーが使用される。電力は使用しないので、バッテリー切れなどの心配のないシステムだ。

自転車のペダルを漕げば、タイヤの空気圧を調整できる「WhiteCrow Hub」
空気圧を下げる場合:ハブ内部のエアポンプがタイヤ内の空気を吸い込み
チューブ内へと送り込む

電力を使用しないというのは、「WhiteCrow Hub」の大きな特徴。空気圧の上げ下げはハンドルバーに取り付けたレバーで操作するが、このときも電力は使用しない。ブレーキなどと同様に、レバーからハブまで伸びるワイヤーによって、バルブやポンプの動作が切り替えられている。

自転車のペダルを漕げば、タイヤの空気圧を調整できる「WhiteCrow Hub」
「WhiteCrow Hub」を操作するレバー

WhiteCrow Techは現在、「WhiteCrow Hub」の市販化に向けクラウドファンディングサイトIndiegogoで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では、499ドルの出資でハブ+チューブ+ハンドルバー取り付けレバーを入手可能だ。入手に必要な金額はキャンペーンが進むにつれて上昇し、終了後の市販価格は1,000ドル程度となる予定。出荷は2017年6月を目指している。

自転車のペダルを漕げば、タイヤの空気圧を調整できる「WhiteCrow Hub」