ソフトバンクロボティクスがヒューマノイド(人間型)ロボット「Pepper(ペッパー)」の初回生産分300台の購入申し込み受付を2月27日10時に始めたところ、開始1分で販売予定数を上回る申し込みが Web サイトにあった。これにより、販売は抽選で行う。販売価格は19万8,000円(税別)。

人気殺到ロボット「Pepper」は発売1分で300台完売、次回販売は夏
300台が1分で完売したロボット Pepper
(出典:ソフトバンクロボティクス、ソフトバンクモバイル)

Pepper は、クラウドベースの AI(人工知能)で動くロボット。音声合成エンジンを用いた発話機能により、人間同士のような自然な会話ができるそうだ。さらに、周囲の状況を把握しながら自律的に判断して行動し、人の表情と声のトーンを分析して人の感情を推定できる「感情認識機能」を備えるという。

2014年6月に Pepper を発表した当初、2015年2月には一般向け販売を開始するとしていたが、当面は数量を絞って販売していく。今回の300台は、開発者向けに販売したもの。今後については、2015年夏ごろに次回生産分を販売する計画で、一般家庭向けの販売も始める予定。

Pepper ファン登録フォーム」にメールアドレスなどを登録しておくと、販売スケジュールなど Pepper の最新情報が通知される。

Pepper の紹介動画