ドローン操縦に「資格」や「免許」は必要か
高い人気を誇るDJIのドローンだが

ドローンの操縦に資格や免許は必要か。改正航空法によって、ドローンを飛ばせる地域や扱い方に規則が定まり、今後は講習が必要になるといった意見もある。またもっと厳しく免許制にすべしといった声すらある。

実際すでに大手メーカーのDJIが、日本でも企業向けにドローン操縦士を養成する「DJI CAMP」なるものを立ち上げ、ドローン検定協会という組織が英検ならぬ「D検」を実施するなど、企業や組織はたくましく活動を始めている。


もちろん自動車運転免許などとは違って民間で作った制度であるから、ドローンを飛ばすのにどれかを取得しなければいけないという義務は、今のところ、ない。

さて資格取得講座のユーキャンが11月に20〜40歳代の約1,000人へアンケート調査したところ、「ドローン操縦に免許は必要」と考える割合は67.4%。残り32.6%は不要と考えている。

資格取得講座を運営するユーキャンの調査
資格取得講座を運営するユーキャンの調査

必要とする理由としては「危険だから」(20歳代女性)「安全面・プライバシーの事もあるので、ちゃんと知識を身に付けるべきだと思う」(40歳代女性)などだった。

不要とする理由は「ラジコンとの区別が曖昧で、ラジコンまで規制されたくない」(40歳代男性)、「講習程度は必要かもしれないが免許まではいきすぎだと思う」(20歳代男性)などだった。