ダイキン工業は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が公開している「小惑星探査機『はやぶさ』発の技術を応用した電力ピークカット制御の技術」を、ルームエアコンへ適用する技術検証を開始する。

ダイキン、小惑星探査機「はやぶさ」発の電力制御をルームエアコンに適用
ダイキン、小惑星探査機「はやぶさ」発の電力制御をルームエアコンに適用

この技術は、「はやぶさ」が宇宙空間で電力を有効利用するための技術を基に、それぞれの機器が独立して並列にピーク電力を下げる制御法を、家電機器の消費電力ピークカット制御に応用するもの。家庭内の照明、冷蔵庫やエアコンなどの機器に優先順位をつけ、同時に消費電力を制御できる。


リモコンなどで使われている赤外線通信の技術を利用し、電力消費を抑えるための制御信号を一斉送信するシンプルなシステムで、高速なデマンドレスポンスを実現できる。また、大掛かりな追加投資をせずに短期間で効果を出せるため、通信インフラに課題がある新興国でも、使用電力量の低減や電力の安定供給が見込めるという。

なお、この技術を搭載したルームエアコンのテストモデルを、1月28日から30日に東京ビッグサイトで開催される展示会「新電力EXPO」に出展し、デモンストレーションを行う。