トランスネットと Rails 技術者認定試験運営委員会は Ruby 市場を拡大すべく、共同で Ruby2.x の教材を無償公開する。Ruby2.x 教材は2015年初夏にベータ公開する予定。

「Ruby2.x テキスト」(仮称)の想定ページ数は400ページ。公開場所はトランスネット Ruby 開発・事例サイト。今後の開発進捗は、トランスネット Ruby 開発・事例サイト公式メールマガジンに掲載するそうだ。


教育ビジネスの教材として使用する場合は無償とはならないが、Rails 技術者認定試験運営委員会の認定スクールに加入している期間は無償で使用できる。

Ruby2.x 教材を2015年初夏に無償公開
トランスネット Ruby 開発・事例サイト