日本 HP は、無停止型サーバーソリューション「HP Integrity NonStop サーバー」の新エントリモデル「HP Integrity NonStop NS2300 サーバー」(NS2300)と「HP Integrity NonStop NS2400 サーバー」(NS2400)を発表した。
 
あわせて、リアルタイム複合イベント処理ソフトウェア「WebAction」と「HP NonStop SQL/MX」の組み合わせにより、外部のビッグデータ解析システムと連携した、業界初のリアルタイム、高信頼ミッションクリティカルシステムを実現する。

HP Integrity NonStop サーバーは、ETL や業界標準 JDBC/ODBC を用いた外部データ連携だけでなく、様々なデータベース(DBMS、DWH)とのリアルタイムデータ複製・連携を実現する、ミッションクリティカル環境を提供してきた。


今回、基幹業務に活用されるデータを細大漏らさず収集する無停止型のシステムの特長を活かし、データのフィルタリングと高度な構造化までを「HP NonStop OS」と HP NonStop SQL で行い、そのデータに対してリアルタイムアクセス/分析を支援するソフトウェア「WebAction」との組み合わせで、適切な事業行動につなげる有益な情報をユーザーに提供する。

加えて、「HP Vertica」などの高速 DWH とのリアルタイムデータ連携を実現する「Attunity」のサポートも開始し、多様なシステム要求に応える。
 
これらのリアルタイム複合イベント処理に対応した HP Integrity NonStop ソリューションでは、現在の業務トランザクションを、よりリアルタイム制御・管理できるようになる。例えば、与信データと位置情報を元にした不正検知や、購買履歴を元にした値引き率のコントロールなど、よりリアルタイムに判断することにより、ビジネス機会を獲得したり、リスクを低減できる。

ETL は、RDBMS やフラットファイルなどのソースシステムから、データをターゲットデータベースにロードする一連の、抽出(Extract)、データ変換(Transform)、ロード(Load)を自動的に行うソフトウェア。また、JDBC/ODBC は、RDBMS にアクセスするための共通インターフェイス。

日本 HP、基幹業務データのリアルタイム分析基盤となる Integrity NonStop 新エントリ製品を発表
HP Integrity NonStop NS2300/NS2400