需要あるのね―シャープが新型「コードレス電話機」発売、イオンは発生しないが重要機能あり
知っているかな。デジタルコードレス電話機を

どこへでも持ち歩けるスマートフォン全盛の時勢ではあるが、シャープは家に置いておくデジタルコードレス電話機の新製品「JD-V37CL/CW」を2016年2月10日に発売する。おなじみの「プラズマクラスターイオン」発生装置はついていないようだが、「振り込め詐欺対策機能」を備えているのが目を引く。

デジタルコードレス電話機は家に置いておく電話機の一種ではあるが、一部を取り外して本体から離れた場所でも通話ができる。スマートフォンと異なり、家の外に持ち出して使うのは難しいが、宅内であればあちこち動き回りながら利用できるのが便利だ。


主にスマートフォンが普及する前、電話機を家に置くのが当たり前だった時代に慣れ親しんだ人などが、今でも使っている。

さて、シャープの新型デジタルコードレス電話機は今風の製品として、振り込め詐欺対策機能がある。誰かから電話がかかってくるとまず自動音声を流して、相手に名乗るように促す「自動聞いてから応答」をはじめ、知らない番号から着信があると赤いランプをともして警告する「あんしんLED」、いったん電話に出たあともワンタッチで通話を拒否できる「お断りボタン」などだ。

また約4.7型の液晶ディスプレイを備え、カナ文字で通話相手の氏名などを表示する。ボタンも大きく見やすく、デザインは簡素。通話中にワンタッチで受話音量を大きくできる「音量大」ボタンも搭載している。