クラウドソーシングサービス「クラウドワークス」を運営するクラウドワークスは、新事業「クラウドワークステクノロジーズ」を4月20日に開始した。“リモートワーク”によるシステム開発やデザイン制作を対象にした、会員と企業のマッチングサービスを展開する。

“在宅”希望のエンジニアと企業を適切にマッチング--クラウドワークスの新サービス
クラウドワークスが新サービスを開始

クラウドワークステクノロジーズは、在宅で業務を行う“リモートワーク”を希望する会員と、リモートワークによるアウトソーシングを希望するクライアント企業をマッチングするサービス。クラウドワークスのキャリアサポーターが会員とクライアント企業の双方からヒアリングを行う。条件に合意した会員はクライアント企業内で最長6か月程度のオフィスワークを行い、リモートワークへ移行する。


当面はクラウドワークスの会員に限定して利用者の募集を行い、2015年6月頃を目処に一般募集を開始する。