日本ヒューレット・パッカード(日本 HP)は、Chrome OS を搭載する11インチノート PC「HP Chromebook 11 G3」を発売する。ソフトバンク コマース&サービスを通じて、Google 社認定の「Chrome 管理コンソール」の販売店経由で、10月中旬より教育機関、企業向けに販売を開始する。価格はオープン。

日本 HP、教育機関や企業向け Chromebook を発表
「HP Chromebook 11 G3」

Chromebook は、Web ブラウザ上で動作するアプリケーションを利用し、データはクラウド上に保存されるため、デバイスにデータは残らず、ユーザーは常に最新で安全な環境下でデバイスを使用できる。管理面でも、デバイスを一括管理する「Chrome 管理コンソール」で、デバイス、アプリケーション、セキュリティポリシーの管理などをインターネット経由でできるので、管理コストや工数を削減できる。これらの特徴から、特にマルチユーザーで使用する機会が多い教育機関、企業などでの導入を見込んでいる。


同商品のディスプレイは、11.6インチ。バッテリー駆動時間は約8時間。