日立製作所は、PC サーバーである日立アドバンストサーバー「HA8000 シリーズ」の4プロセッササーバー「HA8000/RS440」、1プロセッササーバー「HA8000/RS110」「HA8000/TS10」において、最新のインテル Xeon プロセッサを搭載するなど処理性能を強化した新モデルを追加した。

今回製品化した新モデル HA8000/RS440 は、処理性能を向上した最新インテル Xeon プロセッサ E7-4800 v2製品ファミリを搭載するとともに、メモリ、内蔵ストレージ容量を 2TB、最大 9.6TB に強化した。また、PCI Express 拡張スロット数の拡大や、高速 16Gbps 転送速度に対応したファイバーチャネルボードを新たにサポートするなど、データ入出力性能も強化した。これらにより、ビッグデータ分析やクラウドの基盤となる大規模仮想化環境や、データベース環境におけるデータ処理速度を向上する。


あわせて製品化した「HA8000/RS110」「HA8000/TS10」では、最新のインテル Xeon プロセッサ E3-1200 v3製品ファミリの搭載や内蔵ストレージ容量の拡大により、処理性能の向上を図った。
日立、「HA8000シリーズ」新モデルを販売開始
「HA8000シリーズ」新モデル