長野県松本市のりんご農園有志が設立した「松本りんご協会」では、りんごをかじったときの歯や歯茎の痛み、出血などで歯の健康状態をテストできる、歯科診断サービス付きのりんご「Dentapple」(デンタプル)の販売を、インターネットと店舗で開始した。

かじって虫歯を発見できる「デンタプル」りんご!―「松本りんご協会」と歯科医師が開 発
「デンタプル」りんご

公式ECサイトと旬八青果店(一部店舗を除く、都内8店舗)から販売される。価格は200円 (税別)。


「デンタプル」りんごについているシールから専用スマートフォンアプリをダウンロードすると、「デンタプル」テストを行うことができる。「デンタプル」テストでは、「歯周病リスク」「虫歯リスク」「顎関節症リスク」の、3つの歯の健康リスクを調べることができる。「デンタプル」テストは、東京渋谷区の「さとうデンタルクリニック」と共同開発した。

「デンタプル」テスト後1日以内に、歯科衛生士からアプリのプッシュ通知が届き、「歯周病リスク」「虫歯リスク」「顎関節症リスク」の歯の健康リスクに関する判定と、テスト結果を踏まえた歯科衛生士からのコメントを受け取ることができる。

診断結果のイメージ
診断結果のイメージ

また、現在地から近い歯科医院を探したり、「Myカルテ」として診断結果を蓄積する機能もある。

「リンゴをかじる」ことができるのは「丈夫な歯」の象徴だ。松本りんご協会では、日本人のりんご購入量の減少傾向に対する解決策として、「りんごの固さ」を逆手に取り、手軽に歯の健康リスクを調べることができるデンタルりんご「デンタプル」を開発した。