米国では4月27日(米国時間)から、日本でも5月14日(米国時間)から Facebook の Messenger アプリでビデオ通話ができるようになった。

ビデオ通話機能は、送金機能(現在は米国のみ)、Messenger プラットフォーム、Businesses on Messenger(今後提供予定)に続いて発表された、Messengerアプリの新機能。


現在、ベルギー、カナダ、クロアチア、デンマーク、フランス、ギリシャ、アイルランド、ラオス、リトアニア、メキシコ、ナイジェリア、ノルウェー、オマーン、ポーランド、ポルトガル、英国、米国、ウルグアイの iOS版、Android版 のアプリから利用できる。

スレッド画面右上のビデオアイコンをタップすると、メッセージをやりとりしていた相手とのビデオ通話を開始できる。

Skype キラーとなるか、Facebook Messenger アプリでビデオ通話ができる
スレッド画面右上のビデオアイコンをタップ

Messenger アプリにはすでに音声通話機能があるが、ビデオ通話で顔を見ながら通話できるようになった。このビデオ通話はスマートフォン同士で利用できるもの。iOS 端末と Android 端末間でも通話できる。

もう Skype はいらない…?
もう Skype はいらない…?