大風量と大量放水で消火 障害物を除去するフロントシールドも装備した消火装置「エアコア」が「アートな乗り物」に登場

モリタHDによる「AIRCORE(エアコア)」がヌマジ交通ミュージアムで開催中の「アートな乗り物」に登場しています。

消火装置「エアコア」が「アートな乗り物」に登場
「AIRCORE(エアコア)」が「アートな乗り物」に登場

「エアコア」は、大型タービンの大風量と4,700L/minの大量放水で、大規模火災現場の消火・排煙・冷却が行える消火装置。初期消火から鎮火までマルチに活躍します。


消火装置「エアコア」が「アートな乗り物」に登場
大風量と大量放水で大規模火災現場の消火・排煙・冷却を行える

放水では「噴霧放水」と「直状放水」を装備。このうち「噴霧放水」は延焼防止に威力を発揮する他、鎮火後の残火処理(冷却)にも適しています。

消火装置「エアコア」が「アートな乗り物」に登場
噴霧放水

「直状放水」では真っ直ぐに、遠くまで水を飛ばせます。このほか、2つを組み合わせた「直状+噴霧」放水も可能になっています。

消火装置「エアコア」が「アートな乗り物」に登場
直状放水

ジョイスティック式のリモコンを採用。直感的で簡単に操作ができ、フルリモート・コントロールで危険区域に先行できます。

消火装置「エアコア」が「アートな乗り物」に登場
離れた安全な場所から操作

クローラー式駆動走行により悪路も走行できます。さらにフロントシールドにより、障害物を除去して走行することも。


消火装置「エアコア」が「アートな乗り物」に登場
悪路走破性を高めるクローラー&フロントシールド装備

ヌマジ交通ミュージアムは、古今東西の航空機、船舶、鉄道、自動車の技術や歴史を学べる広島市立の博物館施設。2,000点以上の模型展示を中心に、直径20メートルの巨大パノラマや広島電鉄650形654号(被爆電車)などの実物が展示されています。

消火装置「エアコア」が「アートな乗り物」に登場
ヌマジ交通ミュージアム

アートな乗り物展 概要

開催期間:2021年10月7日から11月28日まで
開催時間:9時から17時まで(有料エリアへの入場は16時30分まで)
※会期中の休館日:毎週月曜日、11月4日、24日
開催場所:ヌマジ交通ミュージアム
入場料:大人510円、高校生・シニア250円(中学生以下無料)
アートな乗り物展
住所:広島県広島市安佐南区長楽寺2-12-2
口コミ ランキング:長楽寺駅 伴駅