初心者も楽しめるフルオート式レコードプレーヤー「AT-LP60X」

ターンテーブル「AT-LP60X」「AT-LP60XBT」の2機種をオーディオテニクニカが5月24日に発売する。

フルオート式ターンテーブル「AT-PL300」「AT-PL300BT」のリニューアルモデル。

2機種どちらもスタート・ストップのボタンを押すだけの簡単操作でレコードの再生、停止ができる簡素な設計で、アナログレコードを新たにライフスタイルに取り入れたい人向き。

専用設計のトーンアームベースとヘッドシェルを搭載することで、再生時のトラッキング性能を向上し、不要な振動の発生を抑制した。またフォノイコライザーを内蔵しており、PHONOまたはLINE出力を選んで再生することが可能。「AT-L60X」のカラーは、落ち着いたダークガンメタリックとレッドの2種類。

「AT-LP60XBT」はBluetooth対応モデルで、配線の煩雑さに悩まされず手持ちのワイヤレススピーカーやワイヤレスヘッドホンでアナログレコード再生をより手軽に楽しめる。またQualcomm aptX audioコーデックを追加し、より高音質での再生に対応した。

オープン価格だが店頭実勢はAT-LP60Xが1万3,910円(税込、以下同じ)、AT-LP60XBTが2万1,470円。