テクニクスのターンテーブル「SL-1200MK7」

テクニクスブランドから新型ダイレクトドライブターンテーブル「SL-1200MK7」が5月24日に発売予定。DJ文化を支える人気シリーズ「SL-1200MK」の操作感を踏襲した製品。

SL-1200シリーズは1972年の発売以来、クラブやスタジオ、放送局などにおいて高評価を得てきたとする。1979年発売のSL-1200MK2以降は、ピッチコントローラーを上下にスライドさせる「フェーダー型」に変更するなど楽器を演奏するような操作性を持たせ、ディスコなどで定番機となったとか。2008年発売のSL-1200MK6までのシリーズ累計販売台数は350万台。

新モデルは新生テクニクスブランドの製品開発でつちかった技術を用い音質を高めた一方でボタンレイアウトやプラッターの慣性質量などDJパフォーマンスに影響する仕様はSL-1200MKシリーズを踏襲。過去のモデルを使い慣れた方でも従来と同様の操作感で使えるようにした。トルク・ブレーキスピードの調整や逆回転再生など、パフォーマンスの可能性を広げる新たな機能も備えた。希望小売価格は9万円(税別)。