ラベルライター「EC-K10」

ラベルライター「Lateco(ラテコ)」新製品として「EC-K10」をカシオ計算機が2月8日に発売する。

印刷時にテープを巻き戻すことでテープ先頭の余白を低減。余白部分を従来モデルの5分の1となる最小3mmまで抑え、無駄を減らしてテープのコスト削減を可能にしたとする。

エコなラベルライター「EC-K10」

またカートリッジ自体は繰り返し利用でき、内部のテープのみを交換する詰め替え方式を採用。廃棄するのは紙管のみで、ゴミの削減につながる。

これに加えラテコ専用の「ラミネートサーマル」テープを新たに開発。発色層をPETフィルムでラミネートすることでこすれや汚れなどに対する耐久性に優れ、ファイルのラベリングなどにも適している。

テープ色は白、半透明、黄色、赤、青、緑、黄緑、オレンジ・ピンク、水色の10色がある。それぞれ6mm~18mm幅まで対応し、オフィスでのファイルやインデックス、備品管理のラベル付けなど幅広く使える。オープン価格だが店頭実勢は1万2,830円(税込)。