全天球カメラのイメージ

Androidスマートフォンやタブレットに装着して周囲360度を視界に収めた映像を撮影できるカメラ「OMNI shot mini(オムニショットミニ)」をエレコムが3月下旬より発売する。

OSにAndroid 6.0以降を搭載し、USBホスト機能に対応した機種で使える。USB Type-Cポートにそのまま挿し込めるほか、付属の変換アダプターを利用してUSB micro-Bポートにもつなげられる。

解像度は標準で2.5K(2,560×1,280ドット)、最大で3K(3,008×1,504ドット)に対応しており、静止画も3K解像度で撮影する。手振れ補正機能もある。

わずらわしい無線接続などの設定なしに、無料ダウンロードできる専用アプリケーションを起動するだけで撮影を始められる。電源はスマートフォンまたはタブレットから供給する。

撮影内容はあとから4つのビューモードで閲覧できる。「フィッシュアイ」「パノラマ」「リトルプラネット」「クリスタルボール」といい、各モードで基本のスワイプ操作に加えVR、ジャイロ効果を有効にできるようになっている。専用アプリではさらに、YouTube、Facebookを通じて360度動画のライブ配信が可能。また撮影内容をFacebookやLINEでも一部共有できる。

サイズは40.5×40×46.5mm。重さは約30g。本体をキズや汚れから守る専用ポーチや、レンズなどの汚れをきれいにするのに便利なクリーニングクロスが付属する。希望小売価格は3万6,191円(税込)。