ディスプレイイメージ

画面が湾曲した27型ディスプレイ「Optix MAG27CQ」を、Micro-Star International(MSI)が2月2日に販売開始する。ゲーミング向けモデルで、応答速度最大1msをうたっている。

曲率1800R(半径1800mmのカーブ)の湾曲タイプ27型VAパネルを採用し、応答速度に加え144Hzの高リフレッシュレート表示を特徴とする。解像度はWQHD(2560×1440ドット)。DVI、HDMI、DisplayPortの3系統入力に対応する。

視野角は178°。ワイドビューアングルに対応し、薄型ベゼルを採用しているため、マルチディスプレイ環境でよりシームレスな視野を得ることが可能。液晶スタンドは高さや角度の調整範囲を増やしているほか、VESAマウントにも対応し、市販のアームとの組み合わせによって、より柔軟な設置が可能。

コントラスト比は3000:1、最大輝度250cd/平方mで、sRGB比110%、NTSC比85%のTrueColor表示に対応する。またAdaptive SYNC技術、AMD FreeSync技術を採用し、チラツキやティアリングの発生を防ぐ。本体背面に赤色LEDを搭載し、ゲームごとの画面設定を可能にするための操作を容易にするトラックポイントも装備する。

ディスプレイスペック

高性能グラフィックスカード搭載PCと組み合わせることで、FPSやRTS、格闘、レーシングなど動きの速いゲームを快適に遊べる。希望小売価格は5万4,800円(税別)。