すた丼のイメージ画像

丼チェーン「伝説のすた丼屋」 「名物すた丼の店」 で、新メニュー「広島風お好み焼きすた丼」が1月11日に登場する。2月28日までの期間限定だ。

好評を博しているシリーズ「ご当地すた丼」の第4弾として企画したもの。茶碗約3杯分のご飯の上に「広島風お好み焼き」の具材の特徴であるモヤシ、当店特製ダレを絡めた厚切りの豚バラ肉を盛り付け、天かす、青のりをトッピングした。具材は混ぜ合わせずに重ね、紅生姜は付けず、 マヨネーズを別添えとする。

豚肉に絡まる濃厚なタレは、広島でのシェア率が高く、たっぷりの野菜・果実と約20種類の香辛料をブレンドしたコクのある甘さが特徴の「オタフクソース」に「秘伝のニンニク醤油ダレ」、さらに「おろしニンニク」を加えてパンチを効かせた。白米と相性に優れる、広島と東京のB級グルメの共演としている。

販売価格は並が880円(税込、以下同じ)、ミニ丼が730円。味噌汁付きとなっている。