Bluetooth用ヘッドセット

雑音を減らすノイズキャンセリング機能を備え、Bluetooth 4.1に対応した片耳用ヘッドセット「BSHSBE500」シリーズを、バッファローが2018年1月中旬より順次発売する。

イヤホン部分が備えるノイズキャンセリング機能の仕組みは、2つのマイクでクリアな声を相手に伝える「デュアルマイクCVC」というもの。

新型のスピーカーユニットを採用して、大音量時にも音が割れにくくなり、従来製品と比べてより鮮明に声が聞こえるようになった。イヤーピースは従来製品でも同梱していた「ループタイプ」と、新たに音を鼓膜に近い場所から聴ける「フィットタイプ」を選べる。

またマイク部分は「HD Voice」規格に対応しており、通話相手がVoLTE対応スマートフォンを使っていれば、高音質な声を聴かせられる。

これに加え全方位から安定した通信が行える3Dメタルアンテナを搭載し、体の向きや姿勢を変えても安定したBluetooth接続が保てる。

このほかNFCタグを搭載し、NFC対応スマートフォンにはかざすだけでペアリングを完了できる。ヘッドセットの状態を通知する音声アナウンスは日本語を採用しており、初めて使う人もとまどわずに済む。スマートフォンの音声アシストに対応したファンクションボタンを搭載しており、ボタンを1秒間長押しするだけで「Siri」や「Googleアシスタント」などを呼び出せる。

カラーは、ブラック、シルバー、ゴールド、レッド、ピンクの5種類。直販価格は6,458円(税込)。