Amazon Echoのイメージ

スマートスピーカー「Amazon Echo(アマゾンエコー)」を利用し、音声で家電の操作が可能になる。スマートリモコン「iRemocon(アイリモコン)」と連携して実現する。

Amazon Echoは、リビングなどに置き、人間のように音声で会話することで操作できるコンピューター。インターネットにもつながっていて、簡単な指示を出すだけで持ち主にかわって調べものをしたり、音楽を再生したり、ニュースを読み上げたり、スポーツの試合結果を教えたり、タイマーやアラームを鳴らしたり、カレンダーの予定を知らせたりできる。

このAmazon Echoはさらに、外部の機器と組み合わせれば、テレビやエアコンの制御もできるようになる。それがiRemoconだ。

iRemoconは、iPhoneやAndroidスマートフォンから、さまざまな家電を制御するための中継装置。帰宅途中にリビングの暖房を入れたり、寝室に引き上げたあと、消し忘れたテレビの電源を切ったりといった操作が可能。

今回2つの機器を連動させることで、Amazon Echoに話しかけるだけでエアコンや照明、テレビを操作可能になった。わざわざ手元のiPhoneをのぞいて、アプリケーションをいじらなくても済むのが便利だ。

なおEmazon Echoの購入は招待制の申し込みが必要。価格は1万1,980円(税込、以下同じ)。出荷開始は11月13日以降となる見込み。Amazon.co.jpの有料会員サービス「Amazonプライム」に加入していると11月17日まで割引があり7,980円だ。一方、iRemoconの価格は2万741円となっている。